【随時追加】2020年に読んだ本

 今までヤフー・ブログの1記事の文字数制限2万字に掛かる毎に記事を分けていたが、FC2の記事には文字数制限が無いので、1年分を1記事とする積もり。 <前年分記事> 2018年10月~2019年2月に読んだ本 https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4991.html (2018年10月8日UP) 2019年3-12月に読んだ本 https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5099.html (2019年3月27日UP) <2020年1月> 芹沢銈介の三十六通の手紙(式内潔眞宛) 海野 雅央・編著(2018年) …我孫子市立白樺文学館の企画展「芹沢銈介の装幀」(2019年11月27日~2020年1月26日。https://www.city.abiko.chiba.jp/event/shiseki_bunkazai/shirakaba/tenji/tennjijyouhou.html#cms014A8 、https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5332.html )を見た際に館内で展示されていたものを通読。  恋はつづくよどこまでも ##1-7 円城寺 マキ・作(2016-2019年;フラワーコミックス;小学館) …TVで放映中ゆえ、第1巻がauブックパスで期間限定で無料提供されていたので、それを読み、第2巻は、kindleでの無料提供で。3巻以降は、kindle(有料)で通読。…

続きを読む

私の、ヤフー・ブログから「はてなブログ」への移行の経緯

 私の、ヤフー・ブログから「はてなブログ」への移行に関しては、ちょっとしたトラブルがありました。現在、かつての私のヤフー・ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda の内容が、はてなブログ https://reywa.hatenablog.jp に移行されてはいますが、厳密に言えば、これは、私が申し込んだアクションによって起動された公式移行ツールによる処理結果ではありません。トラブルに対する問い合わせに対し、はてなブログ側が独自に対応し、以前の失敗に終わった申し込み内容で「はてなブログ」運営側が独自にテキスト移行をし、それを私が継承して、画像移行を行ったものです。  この経緯は、実は、ヤフー・ブログから、プロセスの途中の2019年9月26日、私が行った処理についての経緯の報告を求められたものの、その前に何の報告もせずに放置したヤフー・ブログ側の態度に腹を立てて回答をしないまま放置していたところ、はてなブログが多少の「お節介」(親切心、誠実な態度とも評価出来ます)で、問題点を解消し、勝手に移行を完了させたものです。詳細経緯は、どこかに留めておかないと、そのうち、私の記憶からも薄れ、経緯がイイカゲンになると考え、ここで多少後から思い出しながらではありますが、記述しておくものです。  本来ならば、「はてなブログ」にUPしておくべきものでしょうが、現在の私の「はてなブログ」公開版は、一度削除し、このFC2ブログの内容を新たに開設する「はてなブログ」に移行…

続きを読む

湖北省長が言ってた108万枚のマスクって、イトーヨーカドー送付のものが大半?

 中国・武漢(英語表記では、Wuhan)発の新型肺炎(コロナウィルス)は、野生生物を宿主としていたものが人間に広まった(変異した)ものとされているけれども、その発生源は武漢華南海鮮卸売市場(https://ja.wikipedia.org/wiki/武漢華南海鮮卸売市場)とされている。内陸である武漢に、何故、海鮮市場があるのか、よく判らないけれど、日本で言う海鮮と中国で言う海鮮て違うのかも知れない。例えば、日本で言う杉って漢字は中国にもあるけれど、日本の杉は日本の固有種であって、中国には無い!(事実。中国で言う杉は、日本では広葉杉=コウヨウサンて言われるもの)って事みたいに。  引用したwikipediaの記述を見ると、様々な野生生物の取引が行われている様であり、パリにあるジビエ市場の中国版(恐らく、規模も種類もパリを遙かに超えるものだろう)と考えればいいのかも知れない。  で、武漢は湖北省(ここでの湖は洞庭湖。英語表記では、湖北は、Hubei)だけれど、湖北省長の王曉東(Wang Xiaodong)氏の記者会見映像が民放のニュースで流れていて、笑ってしまった。最初、「湖北省では、108億枚のマスクを準備している」と言ったものの、そこで横から訂正が入り「18億枚」だったかになり(数値の記憶が曖昧だったが、https://www.afpbb.com/articles/-/3265452 の記事で補強。但し、この記事、訂正回数を「3度」としているなど、イイカゲンさも見える。「生産枚数」としているのも…

続きを読む

ほぇえ~?!@東京ドイツ村

 2019年12月31日に、鉄道+バスで東京ドイツ村に行った際に気になったものなど。 (1)春に咲く筈の芝桜の丘を、小型ブルドーザー 耕運機で整地していました。結構な急斜面なのですが、ここをブルドーザ 耕運機で上から下まで一直線に整地していました。 植え替えだとしても、例年の開花は、4月下旬~GWの頃なので、これからの4ヶ月ちょっとの間で開花にまで至るのか、少し不安に感じています。  これまでのところ、段々と開花時期が色によってずれて来てしまっていた(芝桜は、花色によって開花時期が少しずつ異なるのが普通です)ので、それを再び合わせる為の植え替えなのかも…とは考えていますが。  この斜面に芝桜が初めて開花したのは2008年春の事だと推測出来ます(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-4249.html 参照)ので、それ以来初めての大規模な整地と云う事になります。  これが、斜面を真正面から見たときの画像。小型ブルドーザー 耕運機は、青色の○の中。 この画像は、ウィンターイルミネーションのあった2019年12月31日のもの。昼間では、芝生の上に敷き詰めているLEDが、色の違いとして見えていない為、図柄としては全く認識出来ません。  また、例年、冬~春なら水仙、夏ならユリの咲いている、マルクトプラッツの裏(南側)のところも、整地してました。水仙がいつ咲くのか、咲かないのか、不安。 (2) ウィンターイルミネーションの期間中、恐竜の「動く」模型がマ…

続きを読む

チャイナランタン@東京ドイツ村

 2019年12月31日に、東京ドイツ村に電車+バスを使って行った事は、 2019年最後の日没と富士山@東京ドイツ村 https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5322.html (2020年1月4日UP) で書いた事ではありますが、昨シーズン2018-2019年シーズンから始まった「チャイナランタン」について、まとめて書く機会が無かったので、この記事にて。上記の記事では、チャイニーズランタンと書いていますが、同じもの。東京ドイツ村の記事でも、当初チャイニーズランタンと書くものが今シーズン2019-2020年シーズンの初めには多かったのですが、次第に昨シーズンと同じチャイナランタンに落ち着いて来た様です。  昨シーズン2018-2019年シーズンの際は、東京ドイツ村に入場したとしても、この「チャイナランタン」を近くで見る為には、別途、一人当たり2,000円の料金が必要だった様なのですが、今シーズン2019-2020年シーズンは、ウィンターイルミネーションの期間の東京ドイツ村自体への入場料金を値上げした(https://reywa.blog.fc2.com/blog-entry-5310.html 参照)替わりに、チャイナランタンの別建て入場料金は無くなりました。簡単に言えば、東京ドイツ村の入場料金だけでチャイナランタンにも入場出来る様になりました。  で、私は、鉄道+バスを使って、東京ドイツ村の入場料金としては500円(徒歩入場の場合の料金)を払って入場した…

続きを読む